Canon EOS 5D Mark IIIの入手後、コンパクトフラッシュカード読み込みのために買った『ANKER Uspeed USB3.0 マルチ・イン・ワン高速カードリーダー』。購入当初は数値を取らなかったため「なんとなく速いなー」くらいだったのだけど、ベンチマークしてみたら確かに速かった。

ANKER Uspeed USB3.0マルチ・イン・ワン高速カードリーダーANKER Uspeed USB3.0マルチ・イン・ワン高速カードリーダー (c)Bisoh
このカードリーダー、なんと言っても安い。Amazonにて購入時1,599円。もしあまり性能が良くなくても諦めがつく価格だから、サックリ注文した。

対応メモリーカードは以下。全てアダプタなしで挿せる。

・SDXC / SDXC / SDHC / SD(UHS-I対応)
・コンパクトフラッシュ(CF+ / CF2.0 / CF3.0 / CF4.0 / CF4.1)
・メモリースティック
・メモリースティックMicro(M2)
・micro SDXC / micro SDHC / micro SD / TransFlash(T-F)

これまで使っていたのはBUFFALOのUSB2.0のマルチカードリーダー『BASCR31U2』シリーズの緑色。しかしMacBook AirにSDカードスロットがあったため、実はここ数年ほとんど出番なし。今回久しぶりにベンチマークの比較対象として引き出しから取り出した。

これまで使っていたBUFFALOのUSB2.0マルチカードリーダー BASCR31U2との外観比較これまで使っていたBUFFALOのUSB2.0マルチカードリーダー BASCR31U2との外観比較 (c)Bisohベンチマークに使ったサンディスク Extreme Pro 64GB UDMA7 90MB/s CFカードベンチマークに使ったサンディスク Extreme Pro 64GB UDMA7 90MB/s CFカード (c)Bisoh

ベンチマークに使ったコンパクトフラッシュはこれも5D Mark III用に購入した『サンディスク Extreme Pro 64GB UDMA7』。理論値最速で90MB/s出るから、実使用でもUSB3.0で威力を発揮出来るカード。

これを5D Mark IIIでフォーマットしてMacのベンチマークアプリ『Xbench1.3』を使って測った。なお、いつもの作業環境で出るのが実用値だと考えているので、起動中の他のアプリも落とさず測定した。直前の作業環境、Photoshop Lightroom 4、Photoshop CS6、FireWorks CS6、MAMP、Chrome、miあたりが起動したままベンチマークへ突入。

CFカードをBUFFALO BASCR31U2に挿したところCFカードをBUFFALO BASCR31U2に挿したところ (c)BisohANKER USB3.0の方にCFカードを挿したところ。カードの有無に関わらず緑色のACTIVEランプは点くANKER USB3.0の方にCFカードを挿したところ。カードの有無に関わらず緑色のACTIVEランプは点く (c)Bisoh

さて、実際のベンチマークの結果。
あ、測定したマシンはMacBook Air 13 (Mid 2012) Core i7 2GHz / RAM 8GB / SSD 512GB。

 BUFFALO BASCR31U2 (USB2.0)ANKER Uspeed USB3.0
MULTI IN ONE CARD READER
Total Score6.2511.54
Sequential18.4758.60
Uncached Write
[4K blocks]
14.298.77 MB/sec99.4161.04 MB/sec
Uncached Write
[256K blocks]
22.1712.54 MB/sec116.3465.83 MB/sec
Uncached Read
[4K blocks]
13.754.02 MB/sec23.776.96 MB/sec
Uncached Read
[256K blocks]
34.8017.49 MB/sec132.7066.69 MB/sec
Random3.766.40
Uncached Write
[4K blocks]
6.250.66 MB/sec6.420.68 MB/sec
Uncached Write
[256K blocks]
1.120.36 MB/sec2.170.70 MB/sec
Uncached Read
[4K blocks]
544.673.86 MB/sec939.756.66 MB/sec
Uncached Read
[256K blocks]
94.3017.50 MB/sec130.5124.22 MB/sec

Sequential Write/Readが思っていた以上の差!

安い物だしそれほど速くはないだろうと侮っていたのだけど、ANKER Uspeed USB3.0の圧勝。これはもう古いカードリーダーを使う理由なし。

最後に難点を挙げると、まず、CFカード挿入口からピンまでの深さがかなり浅いため、うっかり慌てて斜めに入れたりするとカードリーダーのピンが破損するおそれがあること。真っ直ぐそっと入れるようにするといいと思う。カードを抜く時も同様。

それとUSBケーブルが本体に直付けなこと。このケーブルが短くて堅めに出来ているので、曲げたりひねったりすると断線しやすそうな感じ。ケーブルが断線しても本体ごと買い替えとなることになるから、注意したい。

ケーブルは短くて堅め。曲げやねじれには弱そうなので注意ケーブルは短くて堅め。曲げやねじれには弱そうなので注意 (c)BisohSDカードとCFカードを同時挿し。PCに繋ぐとちゃんと両方とも認識される。なお、他の組み合わせは試してないので不明SDカードとCFカードを同時挿し。PCに繋ぐとちゃんと両方とも認識される。なお、他の組み合わせは試してないので不明 (c)Bisoh

この2点のため扱いにやや気を使うものの、逆に他のCF対応マルチカードリーダーより薄く、ケーブルが短い分コンパクトなため、持ち運びには便利。価格的負荷が低いことを考えれば、あらかじめ予備を買っておくのも手かな。あとはこのサイズでケーブル交換可能な製品もそのうち出してきて欲しいところ。

同じカテゴリーの記事