あれこれ無駄に悩んだ末、先日MacBook Pro 2019 13インチを買った。スペックは、CTOしてCore i7 2.8GHz/RAM 16GB/SSD 2TB/USキーボードの全部盛り。買って1ヶ月も経たないうちに2TB SSDが4万円以上も安くなってちょっと悲しかったけど…。

結局買ってしまったMacBook Pro 2019 13インチ全部盛り結局買ってしまったMacBook Pro 2019 13インチ全部盛り (c)Bisoh
この新MacBook Proの唯一最大の難点は、本体が軽くなったにも関わらず、Apple純正のACアダプターが大きく重いままと言うこと。自分は先代MacBook Pro 13インチにおいて、eBayで入手したブランド不明の小さく軽量なMagsafe対応ACアダプターを使ってきたので、早期にこれを同等の状態にしなければ、と思っていた。

だがしかし国内で販売されているものを見ると、USB PD 60W対応の同等品はナシ。2019年6月半ばあたりの国内ラインナップだと、今回紹介するAnkerの「PowerPort Speed 1 PD 60」が一番小型軽量だった。なのでまずはこれを買うことにした。

また、他のサイトでは30Wや48Wと言った出力低めのACアダプターを勧めている人もいた。確かにそれらはより小さくて軽いのだけど、出力が低いと言うことは、まず充電速度が遅くなる。それに加えて他の問題も起きやすい気がしたため、選択肢には入れなかった。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60と、別に買ったUSB PD 100W対応のUSB Type-Cケーブル2mAnker PowerPort Speed 1 PD 60と、別に買ったUSB PD 100W対応のUSB Type-Cケーブル2m (c)Bisoh
Anker PowerPort Speed 1 PD 60と保証書など。ケーブルは付属しないAnker PowerPort Speed 1 PD 60と保証書など。ケーブルは付属しない (c)BisohケーブルはUSB3.1 Gen 2や4K映像出力にも対応しているケーブルはUSB3.1 Gen 2や4K映像出力にも対応している (c)Bisoh

でも、eBayや米国Amazonなどを使った個人輸入に慣れている人には、Ankerのこれはオススメしない。そういう人には、次の記事で紹介するInnergie社のACアダプター「Innergie 60C USB-C Laptop Adapter」の方が遥かに小型軽量で良い。出力もApple純正とほぼ同等の60W。

■Innergieのウェブサイト(英語)
http://www.myinnergie.com/us

Apple純正の61W ACアダプターとの比較。少し小さめApple純正の61W ACアダプターとの比較。少し小さめ (c)Bisoh
左:Apple Magsafe ACアダプター、中:Apple USB-C ACアダプター、右:Anker PowerPort Speed 1 PD 60左:Apple Magsafe ACアダプター、中:Apple USB-C ACアダプター、右:Anker PowerPort Speed 1 PD 60 (c)Bisohケーブルも含めた比較。Magsafe版のコンパクトさ素晴らしいケーブルも含めた比較。Magsafe版のコンパクトさ素晴らしい (c)Bisoh

謎ブランドの小型軽量Magsafe ACアダプターも左に並べた。やっぱりこれが一番いい謎ブランドの小型軽量Magsafe ACアダプターも左に並べた。やっぱりこれが一番いい (c)Bisoh
そんなわけで個人的により良き物を見つけた後であまり盛り上がらないんだけど、一応重量やサイズ感を書くと、「PowerPort Speed 1 PD 60」の重量は実測で146g。Apple純正のACアダプターが実測200gだから、それよりは54g軽い。サイズも上記写真の通りで、純正品が凶暴なサイズのため、それよりは断然マシかなと。なお、USB Type-Cケーブルは付属していない。

ただ、先述のブランド不明の小型ACアダプターは、ケーブル込みで129gと圧倒的に軽く、そして小さかった。これで60Wを普通に供給出来ていたわけだから、PowerPort Speed 1 PD 60は、まだまだ大きい部類と言わざるを得ない。

ブランド謎のMagsafe 60W ACアダプターは129g。新MBPには使えないけど素晴らしい軽さブランド謎のMagsafe 60W ACアダプターは129g。新MBPには使えないけど素晴らしい軽さ (c)Bisoh
Anker PowerPort Speed 1 PD 60と追加購入したケーブルで216gAnker PowerPort Speed 1 PD 60と追加購入したケーブルで216g (c)Bisoh
Apple Magsafe ACアダプターは、ケーブル付きで239gApple Magsafe ACアダプターは、ケーブル付きで239g (c)BisohApple USB-C ACアダプターは付属ケーブル含めて261g。持ち歩きたくない重さApple USB-C ACアダプターは付属ケーブル含めて261g。持ち歩きたくない重さ (c)Bisoh

Apple USB-C ACアダプターは単体でも200gある。悲しいApple USB-C ACアダプターは単体でも200gある。悲しい (c)BisohAnker PowerPort Speed 1 PD 60単体は実測146gAnker PowerPort Speed 1 PD 60単体は実測146g (c)Bisoh

USB Type-Cケーブルは少々大げさな物を購入してしまった。Amazonでは「Kaweno USB Type C ケーブル 2m」と出ているやつで、USB PD 100Wまで対応し、転送速度もUSB3.1 Gen2の10Gbps対応。太くて重く、71g。さらにケーブルが固くて曲げづらいため、自分の使うモバイルポーチへの収まりが悪かった。充電専用ならこのクラスのケーブルは不要。

ただし、これ1本あれば大半の周辺機器を最良のパフォーマンスで繋げるので、持っておいて損はないかなと。

このケーブルよりもApple純正の2m充電ケーブルの方が、61gと軽い上、取り回しも楽だったため、それとPowerPort Speed 1 PD 60の組み合わせ(計206g)で、購入から2週間程度は過ごした。現在は家で使うACアダプターをPowerPort Speed 1 PD 60にして、ケーブルもそれ用に1.5mのPengo製の軽い物を買い足した。Apple純正ACアダプターは緊急用として保管している。

追加購入した2mのUSB Type-Cケーブルは71g追加購入した2mのUSB Type-Cケーブルは71g (c)BisohMacBook Pro付属のUSB-Cケーブル2mは61gMacBook Pro付属のUSB-Cケーブル2mは61g (c)Bisoh

Apple純正2mケーブルとPowerPort Speed 1 PD 60を組み合わせると206gApple純正2mケーブルとPowerPort Speed 1 PD 60を組み合わせると206g (c)Bisoh
日本国内での保証も含めて、いろいろ怖いと思う人は、今のところこの「PowerPort Speed 1 PD 60」か、同社の「PowerPort Atom III 60W(※2019年7月16日現在、まだ未発売)」と言う後継機っぽいACアダプターがベター。でも後者も130gだそうで、ちょっと軽くなったかな程度。自分のように徹底して小型軽量にこだわるなら、個人輸入に頼るしかない。

同じカテゴリーの記事