大きく変わったのは、そのルックス。これまでは前後とも32本スポークのタンジェント組みだったのが、20本スポークになりスッキリした。フロントはラジアル組みでスッキリ感は倍以上。リアも左右とも五芒星パターンで組み上げてあり、格好いい仕上がり。シャープな「ELLIPSE」のロゴステッカーがリム両面に3枚ずつ貼られ、程よい主張をしてくれてるのもイイ。 スポークは扁平なエアロタイプを使っており、調整用に専用工具が付いている。ロックリングやバルブエクステンダーも付いていて親切。ELLIPSEのリムの高さなら、バルブ長48mmのチューブを使えばバルブエクステンダーはいらないけど、緊急用に持ち歩いておけば良いかなと。 [img_assist|nid=3842|title=フロントスポークはラジアル組み|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3843|title=リアスポークはタンジェント組み。パターンが星型になっていて美しめ|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
[img_assist|nid=3841|title=前後とも20本のエアロスポークで構成されている|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3840|title=バルブホールは前後リムともMAVICロゴの真下にキッチリ合わせてあった|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
フロントハブはスポークの付け根を隠すようになっていてシンプル。リアハブはアルミ削り出しのスポーク受けが無骨で良き。左右どちらにもコグが付けられるので、ギヤ比を変えて遊ぶのも楽しそう。うちには今17Tのコグしかないけど、そのうち違う歯数の物を逆側につけてみたい。 気になるのはリムのブレーキ面がブラック塗装されていること。最初は統一感があり、かっこよくて気分も高まる。しかし、自分は公道を走ってブレーキもしっかり使うんで、そのうち剥げてくるのは間違いなし。なのでブレーキ面は無塗装のシルバーでも良かったかも。 [img_assist|nid=3839|title=スポークの付け根が隠されてシンプルな見た目のフロントハブ|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3838|title=リアハブはどちらにもコグが装着出来る両切りタイプ|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
[img_assist|nid=3849|title=MAVIC ELLIPSEの付属品。ステッカー付いているのが嬉しい|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3850|title=左から専用のスポークレンチ、ロックリング、バルブエクステンダーx2|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
[img_assist|nid=3844|title=リムテープもMAVIC製|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3848|title=リムテープのバルブホール周辺|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]

実走ファーストインプレッション

そんなこんなで早速届いたその日に愛機DOSNOVENTA Detroit 2." data-share-imageurl="">
平成から令和になったりした10連休の中盤に、ピスト用クリンチャーホイール『MAVIC ELLIPSE(マヴィック エリプス)』を入手した。

これまで使っていたのは、ジャンク扱いなVIVALOに付いていたグランコンペ。前オーナーがブレーキ面じゃないところまでブレーキシューを当てていて塗装がボロボロになっていたので、いいかげん交換したかったんだよね。ちょっとブレ取りしたら何ら問題なく入手から2年半近く使えたので、グランコンペ自体は頑丈で良いホイールという評価。

MAVIC ELLIPSEの各部ルックスや付属品など

10連休の狭間に届いたMAVIC ELLIPSE10連休の狭間に届いたMAVIC ELLIPSE (c)Bisoh
MAVIC ELLIPSE フロントホイールMAVIC ELLIPSE フロントホイール (c)BisohMAVIC ELLIPSE リアホイールMAVIC ELLIPSE リアホイール (c)Bisoh

大きく変わったのは、そのルックス。これまでは前後とも32本スポークのタンジェント組みだったのが、20本スポークになりスッキリした。フロントはラジアル組みでスッキリ感は倍以上。リアも左右とも五芒星パターンで組み上げてあり、格好いい仕上がり。シャープな「ELLIPSE」のロゴステッカーがリム両面に3枚ずつ貼られ、程よい主張をしてくれてるのもイイ。

スポークは扁平なエアロタイプを使っており、調整用に専用工具が付いている。ロックリングやバルブエクステンダーも付いていて親切。ELLIPSEのリムの高さなら、バルブ長48mmのチューブを使えばバルブエクステンダーはいらないけど、緊急用に持ち歩いておけば良いかなと。

フロントスポークはラジアル組みフロントスポークはラジアル組み (c)Bisohリアスポークはタンジェント組み。パターンが星型になっていて美しめリアスポークはタンジェント組み。パターンが星型になっていて美しめ (c)Bisoh

前後とも20本のエアロスポークで構成されている前後とも20本のエアロスポークで構成されている (c)Bisohバルブホールは前後リムともMAVICロゴの真下にキッチリ合わせてあったバルブホールは前後リムともMAVICロゴの真下にキッチリ合わせてあった (c)Bisoh

フロントハブはスポークの付け根を隠すようになっていてシンプル。リアハブはアルミ削り出しのスポーク受けが無骨で良き。左右どちらにもコグが付けられるので、ギヤ比を変えて遊ぶのも楽しそう。うちには今17Tのコグしかないけど、そのうち違う歯数の物を逆側につけてみたい。

気になるのはリムのブレーキ面がブラック塗装されていること。最初は統一感があり、かっこよくて気分も高まる。しかし、自分は公道を走ってブレーキもしっかり使うんで、そのうち剥げてくるのは間違いなし。なのでブレーキ面は無塗装のシルバーでも良かったかも。

スポークの付け根が隠されてシンプルな見た目のフロントハブスポークの付け根が隠されてシンプルな見た目のフロントハブ (c)Bisohリアハブはどちらにもコグが装着出来る両切りタイプリアハブはどちらにもコグが装着出来る両切りタイプ (c)Bisoh

MAVIC ELLIPSEの付属品。ステッカー付いているのが嬉しいMAVIC ELLIPSEの付属品。ステッカー付いているのが嬉しい (c)Bisoh左から専用のスポークレンチ、ロックリング、バルブエクステンダーx2左から専用のスポークレンチ、ロックリング、バルブエクステンダーx2 (c)Bisoh

リムテープもMAVIC製リムテープもMAVIC製 (c)Bisohリムテープのバルブホール周辺リムテープのバルブホール周辺 (c)Bisoh

実走ファーストインプレッション

そんなこんなで早速届いたその日に愛機DOSNOVENTA Detroit 2.0に装着し、30kmほどライド。スポーク数が大幅に減ったので、スキッドどうかな?と心配していたんだけど、特にヨレる感じはなく、むしろ軽くなった分だけ左右に振りやすくなったくらい。ブレやすくはなるのかな?これはしばらく乗ってみないとわからないけど。

巡航性能や加速性は、スポーク本数減とエアロスポークの効果で、グランコンペ装着時よりも明らかに上がった。「新品ホイール嬉しいな」って言うプラセボ効果もあるとは思うけど、今までより走りが軽快になり、乗ってて楽しい。向かい風でもどんどん回転を上げたくなると言うなかなかの物。

MAVIC ELLIPSEになってスポークが20本に減ったものの、スキッドしてもリアがヨレる感じはナシMAVIC ELLIPSEになってスポークが20本に減ったものの、スキッドしてもリアがヨレる感じはナシ (c)Bisoh
DOSNOVENTA Detroit 2.0とMAVIC ELLIPSEを合わせたリア側DOSNOVENTA Detroit 2.0とMAVIC ELLIPSEを合わせたリア側 (c)Bisohホイールが20Hラジアル組みのELLIPSEに変わり、シンプルなルックスになったDetroit 2.0のフロントホイールが20Hラジアル組みのELLIPSEに変わり、シンプルなルックスになったDetroit 2.0のフロント (c)Bisoh

DOSNOVENTA Detroit 2.0にモダンなMAVIC ELLIPSEが付き、ようやく自分の理想形になった気がするDOSNOVENTA Detroit 2.0にモダンなMAVIC ELLIPSEが付き、ようやく自分の理想形になった気がする (c)Bisoh
クリンチャーでブレーキ面があると言う、日本の公道で問題なく使えるピスト用完組ホイールがあまりない中、このELLIPSEはデザイン、性能、価格のバランスが一番良いホイールだと思う。バトンホイールもかっこいいけど、値段が高すぎて無理。

そういえば、これの2日ほど前からデスクワークによる腰痛がビシビシ来ていたのに、こいつに乗ったら治ってしまった。どれだけ自転車バカなのか。デザイン的にもDetroit 2.0とマッチしていて、非常に満足感が高い足回りのカスタマイズになった。めでたし。
amazon.co.jp: 
の画像 Mavic Ellipse ホイールセット マビック エリプス ロードバイク ピストホイール (並行輸入品)
カテゴリー: Sports
メーカー: Mavic Ellipse
最安価格: ¥ 51,980
アマゾン価格: ¥ 51,980
の画像 MAVIC マビック ホイール バッグ 前後セット [並行輸入品]
カテゴリー: Sports
メーカー: MAVIC(マビック)
参考価格: ¥ 5,184
最安価格: ¥ 8,400
の画像 【国内正規代理店品】 Continental(コンチネンタル) Gator Skin(ゲータースキン) ロード用クリンチャータイヤ 2本セット +zitensyadepoステッカー (700×25C)
カテゴリー: Sports
メーカー: Continental(コンチネンタル)
最安価格: ¥ 8,480
アマゾン価格: ¥ 8,480
大きく変わったのは、そのルックス。これまでは前後とも32本スポークのタンジェント組みだったのが、20本スポークになりスッキリした。フロントはラジアル組みでスッキリ感は倍以上。リアも左右とも五芒星パターンで組み上げてあり、格好いい仕上がり。シャープな「ELLIPSE」のロゴステッカーがリム両面に3枚ずつ貼られ、程よい主張をしてくれてるのもイイ。 スポークは扁平なエアロタイプを使っており、調整用に専用工具が付いている。ロックリングやバルブエクステンダーも付いていて親切。ELLIPSEのリムの高さなら、バルブ長48mmのチューブを使えばバルブエクステンダーはいらないけど、緊急用に持ち歩いておけば良いかなと。 [img_assist|nid=3842|title=フロントスポークはラジアル組み|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3843|title=リアスポークはタンジェント組み。パターンが星型になっていて美しめ|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
[img_assist|nid=3841|title=前後とも20本のエアロスポークで構成されている|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3840|title=バルブホールは前後リムともMAVICロゴの真下にキッチリ合わせてあった|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
フロントハブはスポークの付け根を隠すようになっていてシンプル。リアハブはアルミ削り出しのスポーク受けが無骨で良き。左右どちらにもコグが付けられるので、ギヤ比を変えて遊ぶのも楽しそう。うちには今17Tのコグしかないけど、そのうち違う歯数の物を逆側につけてみたい。 気になるのはリムのブレーキ面がブラック塗装されていること。最初は統一感があり、かっこよくて気分も高まる。しかし、自分は公道を走ってブレーキもしっかり使うんで、そのうち剥げてくるのは間違いなし。なのでブレーキ面は無塗装のシルバーでも良かったかも。 [img_assist|nid=3839|title=スポークの付け根が隠されてシンプルな見た目のフロントハブ|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3838|title=リアハブはどちらにもコグが装着出来る両切りタイプ|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
[img_assist|nid=3849|title=MAVIC ELLIPSEの付属品。ステッカー付いているのが嬉しい|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3850|title=左から専用のスポークレンチ、ロックリング、バルブエクステンダーx2|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]
[img_assist|nid=3844|title=リムテープもMAVIC製|desc=(c)Bisoh|link=node|align=left|width=350|height=233][img_assist|nid=3848|title=リムテープのバルブホール周辺|desc=(c)Bisoh|link=node|align=right|width=350|height=233]

実走ファーストインプレッション

そんなこんなで早速届いたその日に愛機DOSNOVENTA Detroit 2." data-share-imageurl="">

同じカテゴリーの記事