先日購入したAnker 9ポートUSBハブのポート1〜4が給電されなかった件、落ち着いたところで調べてみると、それは仕様でなく、本来は1〜9の全ポートに0.9Aずつ電力が供給されることがわかった。

この時点でメーカーに問い合わせても良かったのだけど、状態をきちんと示す必要性も感じたのでUSBポート用のテスターを買った。それがルートアールの『RT-USBVA2』

ルートアール USB電圧・電流チェッカー RT-USBVA2のパッケージルートアール USB電圧・電流チェッカー RT-USBVA2のパッケージ (c)Bisoh
表側。7セグメントLEDがかっこいい表側。7セグメントLEDがかっこいい (c)Bisoh裏側裏側 (c)Bisoh

ツクリは非常にシンプルでUSBメモリーのような形状。電池も不要。USB機器のケーブルと、PCやUSBハブの間にRT-USBVA2を挟むと7セグメントが4つ並んだLEDに電圧と電流を表示してくれる。

やや幅広なので、隣のポートにも機器を繋げている場合は、それらを外してから刺した方が良いかも。MacBook AirのMagsafeやThunderboltポートにはコネクタが刺さった状態でわずかに緩衝するものの、外さなくても計測出来た。

接続すると電圧と電流が数秒単位で入れ替わり表示される。電圧の場合は末尾が「v(uっぽいのがそれ)」、電圧の場合は「A」が出るからわかりやすい。計測可能範囲は電圧:3.4〜8.0V、電流:0〜3A。

こんな風にUSBケーブルとの間に噛ませて使う。電圧と電流の表示が数秒単位で入れ替わる。これは電圧表示こんな風にUSBケーブルとの間に噛ませて使う。電圧と電流の表示が数秒単位で入れ替わる。これは電圧表示 (c)Bisohこちらは電流表示の時こちらは電流表示の時 (c)Bisoh

問題のAnker 9ポートUSBハブを測ってみたところ、ポート5〜9は0.9Aの電流が流れるが、ポート1〜4は機器を繋いでも0Aのまま。

USBメモリーやペンタブが認識するのは、MacBook Airの出力をスルーしているだけだと思われる。もちろんそれは本来の性能ではないようなので、メーカーに修理などの対応が出来ないか問い合わせることにした(結果は後日追記する予定)。

先日の9ポートUSBハブも測定してみた。ポート5〜9は0.5A出る。仕様通り先日の9ポートUSBハブも測定してみた。ポート5〜9は0.5A出る。仕様通り (c)Bisohポート1〜4は機器を繋いでも0Aのままポート1〜4は機器を繋いでも0Aのまま (c)Bisoh

ポート5〜9は5V出るが…ポート5〜9は5V出るが… (c)Bisohポート1〜4は3.7V前後しか出ずポート1〜4は3.7V前後しか出ず (c)Bisoh

少し余計な出費はしたものの、こうして動作不良の証拠も出せるということで、このテスター自体は役に立った。USBポートの動作チェックのお供としてストックしておくと便利な一品。電池がいらない、というのもまた良いところ。
amazon.co.jp: 

同じカテゴリーの記事