先日我が家にやってきたiPad Pro 2018 11インチ、さすがにむき出しで使うのは気を使うため、樹脂製の超安価な背面保護ケースを同時購入して装着している。

このiPad Proの筐体における最大の不安点は、カメラ部分が本体より2ミリ近く出っ張っているところ。おそらく1.7〜1.8mmくらい。このため、カメラはもちろんのこと、カメラが当たったところも傷めやすい。iPadはテーブルの上に直置きで使うことも多いし、ケースなしで少し使ってみたら服なんかにも時折ひっかかることがわかったので、すぐにこのケースを装着した。

iPad Proのカメラ部分。2mm弱と、結構出っ張っているiPad Proのカメラ部分。2mm弱と、結構出っ張っている (c)Bisoh MaxkuのiPad Pro 11インチ用背面ケース(クリア) MaxkuのiPad Pro 11インチ用背面ケース(クリア) (c)Bisoh

iPad Pro 2018 11インチと並べたMaxkuの保護ケースiPad Pro 2018 11インチと並べたMaxkuの保護ケース (c)Bisoh
このiPad Pro、保護ケースありきの筐体デザインである点は少々残念だ。これを素のままデスクに置いたらカメラが突起しているせいで不安定になり、ガタついてしまう。いくら筐体に傷つくのが気にならない人でも、素で使おうと言う気分にはならないだろう。

しかしながら、Apple純正のiPad Pro用ケース「Smart Folio」や「Smart Keyboard Folio」は、今回購入を見送った。iPadを立てる時はもっと角度調整範囲の広いスタンドが欲しかったし、キーボードは以前iPad Airを使っていた時も必要性を感じなかったからだ。それに、あのタッチスクリーンを覆うフタが、重い上にペラっとめくれる事もあって、ちょっと煩わしい。

そんなわけで、この度購入したケースのAmazonでの製品名は『iPad Pro 11 2018 ケース Maxku 背面ケース 超薄型 超軽量 背面カバー 耐衝撃 (中略…)(クリア)』だ。名称の後半は、大事なことだから二度言いました的な表記なので略した。税込み799円と圧倒的な安さ。

素材がプラスチックの半透明なケースで、主にiPad Proの背面を守ってくれるタイプ。それだけ。装着の仕方はiPadの片方の端をひっかけて、パチっとはめ込むだけ。ケースのフチの先端にほんのりと爪がついているので、それがタッチスクリーン側に回り込むまでiPad Proを押し込んだら装着完了。外す時も、爪に力を入れて少し広げれば簡単に外れる。

持ち上げてみると離れた背景がボケるので、半透明なことがわかる持ち上げてみると離れた背景がボケるので、半透明なことがわかる (c)Bisohケースの厚みは、背面の平らなところで1.8mmケースの厚みは、背面の平らなところで1.8mm (c)Bisoh

ザラつきがある半透明のケースなので、ギラっとした光の反射をしないのも良いところザラつきがある半透明のケースなので、ギラっとした光の反射をしないのも良いところ (c)Bisoh
装着するとiPad Proの背面がややボンヤリと透けて見える。後ろにある物から10cmくらい離すと、判別できないレベルで見えなくなる。iPad Proには密着するので関係ないのだけど。

横から見るとカメラとギリギリ同じ程度の厚み。ノギスで測ってみたらケースは1.8ミリほどの厚さがあった。これでカメラが出っ張ることは避けられた。高さがほぼ同じだからカメラをしっかり保護出来ている…とまでは言えないものの、ないよりはずっと良いはず。Apple Pencil 2がつく側面は保護面がなく、2つの角だけでケースを保持するようになっているので、何の問題もなく本体に直接Apple Pencil 2がくっつく。

ケースを装着したところ。Apple Pencil 2は直接iPad Proにくっつくケースを装着したところ。Apple Pencil 2は直接iPad Proにくっつく (c)Bisoh
ケースを装着したiPad Proを下から見たところ。USB Type-Cのコネクタとスピーカー部分は開いているケースを装着したiPad Proを下から見たところ。USB Type-Cのコネクタとスピーカー部分は開いている (c)Bisohケース装着時のiPad Pro背面。カメラ部のみ開口し、Smart keyboar Folio用の端子はケースで覆われているケース装着時のiPad Pro背面。カメラ部のみ開口し、Smart keyboar Folio用の端子はケースで覆われている (c)Bisoh

カメラ部分を横から。カメラがギリギリ飛び出ない厚みカメラ部分を横から。カメラがギリギリ飛び出ない厚み (c)Bisoh
Apple Pencil 2側から見たところ。左右の角のみでケースを保持しているApple Pencil 2側から見たところ。左右の角のみでケースを保持している (c)Bisoh逆側は中央のマイク部分だけ開口し、ほぼ全面ケースで覆われている逆側は中央のマイク部分だけ開口し、ほぼ全面ケースで覆われている (c)Bisoh

重量は、フタもなく素材も全てプラだからAppleのSmart Folioよりもだいぶ軽い。11インチiPad Pro用のSmart Folioが171gなのに対し、このMaxkuの背面ケースは実測93gと100gを切る。iPad Pro 11インチと合わせても560gと軽量だ。

毎回十分だと書いている気がするけど、iPadケースもこんなもので十分だなと。ただし滑り止めのような物が何もないので、ボンヤリしているとスルっと手から滑り落ちる恐れは否定できない。だから不安が少しでもある人にはお勧めしない。

Maxku背面ケースの重量は、91gと軽量Maxku背面ケースの重量は、91gと軽量 (c)BisohiPad Pro 11インチとMaxku背面ケースを合わせても560gの軽さiPad Pro 11インチとMaxku背面ケースを合わせても560gの軽さ (c)Bisoh

少し遅れて液晶保護フィルムも届いたので、この後iPad Proのタッチスクリーンに貼り付けた。ペーパーライクなものを選んだから、その辺が画面の色味や解像感にどう影響したかを含めてまた書きたいと思う。

同じカテゴリーの記事