今回はApple Pencil 2用のカバーと言うかケースと言うか、FRTMAのシリコンスリーブについて。これって正しくはどう呼べばいいんだろうね。これもiPad Pro 2018 11インチと同時に買ったもの。

FRTMAと言うのは、Amazonの商品ページを見ると日本語訳もおかしくて中華メーカーと思われるんだけど、Amazonの在庫から送ってくれるからアフターケアも問題なしと判断して購入した。カラーバリエーションにはブラック、グレー、レッドなどもあったけど、本体と合わせたかったのでホワイトを選択。

FRTMA シリコンスリーブ+ペン先カバーの箱FRTMA シリコンスリーブ+ペン先カバーの箱 (c)Bisoh箱を開けたところ。特に何ってないけど真っ白だなと箱を開けたところ。特に何ってないけど真っ白だなと (c)Bisoh

FRTMA シリコンスリーブと2つのペン先カバーFRTMA シリコンスリーブと2つのペン先カバー (c)Bisoh
製品が入った箱を見ると、製品名は「Apple Pencil(第2世代)用シリコンスリーブ+ペン先カバー」となっている。Amazonでの商品名は、検索用キーワードを並べているだけと言う感じで節操がない。まあこれはAmazon内の中国ディーラーの製品全般に言えるけどね。こちらとしては値段なりに使えれば良し。名前は気にしない。

AmazonのレビューにはApple Pencil 2に途中までしか入らないと言う話も載っており、多少の心配はあったものの、それは杞憂に終わった。届いたシリコンスリーブは、Apple Pencil 2を真っ直ぐゆっくり差し込んだらスルスルっと入っていった。その人の物は個体差とか不良品とか、そういう物だったのかなと思う。

Apple Pencil 2とシリコンスリーブ+ペン先カバーApple Pencil 2とシリコンスリーブ+ペン先カバー (c)Bisoh
シリコンスリーブは大きな抵抗感もなく、スムーズにApple Pencil 2を挿入できたシリコンスリーブは大きな抵抗感もなく、スムーズにApple Pencil 2を挿入できた (c)Bisoh
ペン先カバーも付いていて、持ち運ぶ時はこれをはめておけばより安心。材質がシリコンで柔らかいから、Apple Pencil 2を使う時は、そのお尻側にこのカバーを差し込んでおくことも出来る。2つ付属しているから1つは失くしても大丈夫。

もう少しゴムっぽい感じを想像していたのだけど、思っていたよりもサラっとしていて良かった。これと相まってペンの胴体も太くなり、グリップ力も上がった。シリコンスリーブの重量は3〜4gくらいだから、元々それなりの重さがあるApple Pencil 2においては誤差の範囲。重量増を感じることもなく使えている。

ペン先カバーは、ちょっと強引だけどペンのお尻側に被せておくことも可能ペン先カバーは、ちょっと強引だけどペンのお尻側に被せておくことも可能 (c)BisohシリコンスリーブをはめたApple Pencil 2を手にしてみたところ。もう少し長さは欲しかったけれど、このままでもグリップ感増し増しシリコンスリーブをはめたApple Pencil 2を手にしてみたところ。もう少し長さは欲しかったけれど、このままでもグリップ感増し増し (c)Bisoh

ただスリーブの長さについては、もう5〜6mmくらいペン先側に伸ばして欲しかった気がする。キャップがはまらなくなりそうだけど、それよりは使用中の指先のグリップ感を優先したいところ。なんなら好みの長さにペン先カバーの先端を切ってペンにはめて、ペン先だけ出して使うのでも良いかも。また傷んできたら他の製品も検討してみたい。

Apple Pencil 2をはめたシリコンスリーブ+ペン先カバーx2。これでしばらくは使い込むつもりApple Pencil 2をはめたシリコンスリーブ+ペン先カバーx2。これでしばらくは使い込むつもり (c)Bisoh

同じカテゴリーの記事