長年使っていたカナル型ヘッドフォン『Shure E2C』のケーブル皮膜がところどころ割けてきて、ノイズがチリチリ入るようになった。少しの間iPhone 5に付属のヘッドフォンを使っていたのだけど、これは元々あんまりよろしくないので封印していたもの。E2Cに敵うはずもなく、新しいヘッドフォンを探すことに。

CX300-IIと付属品。ケースとイヤービースS/M/Lの各サイズCX300-IIと付属品。ケースとイヤービースS/M/Lの各サイズ (c)Bisoh
結果的に購入したのは『ゼンハイザー EX300-II』。
購入検討時、ニューヘッドフォンに求めたのはこれだけ。

・密閉型は持ち運ぶ時にかさばるからナシ。今回もカナル型で。
・オーディオマニアじゃないから音がそれなりにしっかりしていればOK。
・1万円以下で。

またまたググってみるとゼンハイザーってところの物が結構ひっかかってくる。HD700とかHD800とか「すごくイイ!」というレビューがあって、見てみたら鬼のように高い。もう1台MacBook Air買える。そもそも密閉型だから今回は却下。デザインは好き。

そんな中、同社のカナル型で自分の要求に当てはまったのが、CX175、CX300-II、そして1万円近くのEX400-IIなど。これくらいの予算だと普通は「迷ったら高い方!」なんだけれど、今回はちょっと貧乏性が勝って、5000円ほどと言う中間価格のCX300-IIに行った。色はクロームにした。

ちなみにゼンハイザーのヘッドフォンにはIE6、IE8なんて言うモデルも過去にあって、WEB屋的にはなんだか忌まわしい名前なので、それのアップデート版のIE60やIE80も見なかったことにした。アップデートしてもIEはIE。

ゼンハイザー CX300-IIのパッケージゼンハイザー CX300-IIのパッケージ (c)Bisohパッケージの裏。説明書兼保証書が貼り付けられてたパッケージの裏。説明書兼保証書が貼り付けられてた (c)Bisoh

iPodやiPhoneとかにもいいんじゃないかーのマークiPodやiPhoneとかにもいいんじゃないかーのマーク (c)Bisoh梱包のプラケースにコードの根元のところがしっかり嵌りすぎていて、外す時に少し怖かった梱包のプラケースにコードの根元のところがしっかり嵌りすぎていて、外す時に少し怖かった (c)Bisoh

こうして購入に至ったCX300-II、まずは梱包から出す時に注意した点を1つ。梱包のプラケースにヘッドフォンのコードの根元側がかなりしっかり嵌っていて、無理に外すと断線しそうな気がしたので、慎重を期した。コードを押さえているツメを少し押し広げてから取り出した。

本体外観は、クロームカラーということで落ち着いた印象。目立たず、かと言ってバッグにそのまま突っ込んでも見失うことはない、といった具合。

イヤーピース受けは、溝がしっかり彫られていて、ちょっとした力がかかっても外れないようになっている。実は、前に使っていたShure E2Cはこの溝がなくスルっと外れてしまう構造だった。そのため、外出中に何度かイヤーピースを紛失したことがあるので、これはちょっと嬉しかった。

本体のアップ。上品なクロームカラー本体のアップ。上品なクロームカラー (c)Bisoh
音が出る方はこんな見た目音が出る方はこんな見た目 (c)Bisohイヤーピースは本体側の溝にしっかり嵌るため、外れにくい構造イヤーピースは本体側の溝にしっかり嵌るため、外れにくい構造 (c)Bisoh

ケーブルは適度な柔らかさだけれど、不満としてはケーブル長が左右非対称なこと。左側が短くなっている。これだと右側のポケットにプレイヤーを入れたりすると短い左側が引っ張られて耳から外れやすい。左右対称の方が自分にはベター。

ケーブルを耳にひっかけてから装着すると、突っ張り感は当然あるものの、外れにくくはなる。あとこうすることで、ケーブルを伝って聞こえる衣服と擦れる音がだいぶ軽減される。

L字の端子部分は、 プレイヤーからの出っ張りが減り、省スペースになって良いと思う。

ケーブルは左側が短くなっているタイプケーブルは左側が短くなっているタイプ (c)BisohヘッドフォンジャックはL字型をしているヘッドフォンジャックはL字型をしている (c)Bisoh

音質は?

肝心の音は……「素人すぎてわからん!」と言いいところだけど、なかなか良いと思う。

どの音もしっかり聞こえてきて、低音なんかも下品にボンボン言うことがない。自分が求める品質は、十分な水準をクリアーしていると言っていい。iPhone 5のおまけヘッドフォンの後なので、余計にそう感じる面もある。ともあれ、使ってすぐ「お、いいじゃん」と思ったことは確か。

Shure E2Cの音質と比べるのは、さすがに変なのでやめ。傷む前までは満足して使っていたけれど、ケーブルが傷んでからの音の記憶の方が最近だから、さすがにそれを頼りに書くのは公平でない。

どの音もしっかり聴かせてくれる感じどの音もしっかり聴かせてくれる感じ (c)Bisoh

心地よく開閉出来る収納ケース

最後にもう1つ、付属の収納ケースが秀逸だったので紹介したい。たいていファスナーやヒモなどで口を閉めるタイプが多いと思うのだけれど、これは口にバネ板のようなものが仕込んであって、ケースの両端を押すとパカッと気持ちよく開く。

付属のケースもなかなかの使い勝手付属のケースもなかなかの使い勝手 (c)Bisoh指で両端を押すと指で両端を押すと (c)Bisohパカッと開く。離すと自動的にパクッと戻って心地いいパカッと開く。離すと自動的にパクッと戻って心地いい (c)Bisoh

いそいそとCX300-IIを入れたら、手を離せばバネが働いてパクッと閉まる。逆に収納している間押さえていないといけない、というのはあるものの、うっかり手を離してしまった際に中身が出てしまう、ということもなくなる。この仕組みから、ヘッドフォンケースと言うよりは、ちょっとした小物入れとして使うのもアリかも。

上を見ればキリがないこの手の物の中で、5,000円台で十分な品質の音が聴ける『ゼンハイザー EX300-II』はコストパフォーマンスが高い!…かもしれない。自分が好きなテクノやジャズ、フレンチ/ブリティッシュポップみたいなのはちゃんと聴けてる。オーディオ素人に音モノのレビューはハードルが高いよ!
amazon.co.jp: 
の画像 ゼンハイザー カナル型イヤホン クローム CX300-2 Chrome【国内正規品】
カテゴリー: CE
メーカー: ゼンハイザー(Sennheiser)
最安価格: ¥ 13,800
の画像 Sennheiser カナル型ヘッドフォン CX 400-II BLACK
カテゴリー: Speakers
メーカー: Sennheiser
の画像 ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 700【国内正規品】
カテゴリー: CE
メーカー: ゼンハイザー(Sennheiser)

同じカテゴリーの記事