つづき(→その1はこちら)。
すっかり白くなった参道を歩いて拝殿の方へ。

ストラーデ・ビアンケ(白い道)ストラーデ・ビアンケ(白い道) (c)Bisoh
狛犬も雪化粧狛犬も雪化粧 (c)Bisoh手水舎(ちょうずや)の屋根手水舎(ちょうずや)の屋根 (c)Bisoh

色が削ぎ落とされ、造形の美しさが際立つ神楽殿前のしだれ桜色が削ぎ落とされ、造形の美しさが際立つ神楽殿前のしだれ桜 (c)Bisoh
くり祭りで薪狂言をやっていた神楽殿に目をやる。
こんな日に松明の明かりの中で演じたら、さぞ映えるだろう。

神楽殿は雪が似合う神楽殿は雪が似合う (c)Bisoh
落雪落雪 (c)Bisoh
絵馬と木絵馬と木 (c)Bisoh前が見えません前が見えません (c)Bisoh

残念ながら拝殿への扉は閉まっていたので、ここで折り返し。この雪では仕方がない。

明るい街中へ戻る明るい街中へ戻る (c)Bisoh
駐車場の出口で水まき駐車場の出口で水まき (c)Bisohガードレールガードレール (c)Bisoh

公園にも寄ってみた。雪だるまがいくつかあった。

公園に寄ってみた公園に寄ってみた (c)Bisoh
降り続く雪で、雪だるまの顔が埋まりつつある降り続く雪で、雪だるまの顔が埋まりつつある (c)Bisohジャングルジムジャングルジム (c)Bisoh

トイレは使えそうトイレは使えそう (c)Bisoh
指先がすっかり冷えきってしまったので帰ることにした。

まだまだ雪は降り続いているまだまだ雪は降り続いている (c)Bisoh
翌週末も雪が降った。この日は降り積もった後雨に変わり、雪が重くなったせいで、友人宅のカーポートや自転車置き場の屋根が潰れた。大國魂神社のけやきも枝や幹が何本も折れた。そして山梨や長野はもっと大変なことになった。
amazon.co.jp: 
の画像 雪まろげ: 古手屋喜十 為事覚え
カテゴリー: Book
投稿者: 宇江佐 真理
出版社: 新潮社
最安価格: ¥ 1,620
アマゾン価格: ¥ 1,620
の画像 雪の写真家ベントレー
カテゴリー: Book
投稿者: ブリッグズ マーティン ジャクリーン
出版社: BL出版
最安価格: ¥ 1,512
アマゾン価格: ¥ 1,512
の画像 きらきら
カテゴリー: Book
投稿者: 谷川 俊太郎, 吉田 六郎
出版社: アリス館
最安価格: ¥ 1,080
アマゾン価格: ¥ 1,080

同じカテゴリーの記事